赤ちゃんは無限の可能性を秘めている。大人は違うのか!?

おはようございます。

成幸実現サポートの田和です。


今日はちょっと思考の視点をずらした話しをしたいと思います。

ところでみなさん、身体は柔らかいですか?


私は固いです^^;



こんな感じです。

では、身体が固いのはもともとからだったのか?と振り返ってみると

そうではなかったんです。



小さい子どもの時は、足まで手が付いていたし、ヨガみたいなポーズしても

地面に頭がつくぐらい柔らかかったんです。


このように人間というのは意識して使っていないとだんだん身体が固くなります。


これは、身体が固くなるというだけではないんです。


例えば赤ちゃんとかは、やることなすことが全て初めてで、いわば何でもが挑戦している状態なんですね。寝返り、ハイハイ、立って歩くこと、、、




きっとその挑戦には恐れなんてないし、ストレスなんてないし、やること全てが可能性に満ちていていろんなことができます。


また小さいときにやる習い事やスポーツにおいても習得が早くある一定のレベルまで

やれてしまうこともあります。


もしかしたら、あかちゃんや小さいときには神経が非常に繊細に身体の隅々まで

通っていたのかもしれません。



それが、大人になるにつれて意識しなくなってしまったり、何かチャレンジしようとしたときに見えない恐れに邪魔をされてしまって、どんどん神経が使えなくなっていったのかもしれません。そう、まるで身体が固くなってしまったかのように・・・



つまり、あかちゃんの時には大きな可能性や才能に恵まれていて、大人になるにつれて

その可能性が埋もれてしまったというわけなんです。

それが潜在能力という言葉で表現されていると思います。


だから皆さんは元々は持っていたんです。


持っていたことを忘れてしまっているだけなんです。


幼稚園や小学生時代を思い出してください。

あの希望に満ち溢れ何にでも挑戦し色んなことができたあの時代を!!


意識して使うことを止めてしまったばかりに今では脳や神経が必要最低限に

使える状態になってしまっていることを・・・



MSP(マキシマムステートプログラム)は、研究の中で様々な分野で超一流とか天才と呼ばれる人たちの身体や脳や神経が生み出す超越した動きや機能する身体を研究し、その動きに必要な脳や神経の動きを最大化する方法に辿り着いたわけなんです。



それは道具やトレーニングとかではなく、人体に秘められたある法則のプログラムに従ってMSPトレーナーが軽く刺激を与えるだけで、

プロで活躍したい人だけでなく、子どもからお年寄りのひとまで

誰でも受けることができます。



子どもの時に使えていた神経をもう一度呼び起こすことができるのです!



人生100年時代と言われている今、使えなくなってしまっていた個人の能力を

長期的に目覚めさせ発揮することによって今までの日常生活が一気に変わり始めます。

【使えてなかった意識=無意識】の部分が使えるようになります。

身体の感覚も心の感覚も変わる瞬間に出会えます。


挑戦の【挑】とは【手を伸ばし】て【兆しを掴む】という意味です。


まだまだ可能性に満ち溢れているこれからの挑戦を一緒にやっていきましょう!


お問い合わせや相談はいつでもお待ちしています。!!


---------------

MSPに対する私のLINE@は下記になります。

登録お待ちしています。

https://lin.ee/dxf6WGa

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示